おkブログ

細々とコピペブログやってます。相互RSS・相互リンクさん募集中。
コメント一覧
RSS(相互RSS募集中)


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

ヘイトスピーチの規制は「朝鮮人を批判する日本人の言論を封殺する」というもの 

ヘイトスピーチなる言葉がいかなる意味で使われているか?
朝鮮人が日本人を敵視し、反日教育を施し、
あからさまに日本の罵倒を繰り返していた時に、
ヘイトスピーチなる言葉が一度でも使われたことがあるか。
在特会が反朝鮮的な思想を鮮明にし、行動で訴え、
そのシンパが増えていくにしたがって、
いつの間にか生まれた言葉であろう。
こうした経緯を辿れば、この言葉がどのような意図の下に
流布されていったかがわかるだろう。
その意図とは、「朝鮮人を批判する日本人の言論を封殺する」というものだ。
だから、ヘイトスピーチと言うレッテル用語を使って、いかにもな話をする人間は、
すべからくこの言葉を使って日本人の言論を封殺したい輩だと言って間違いない。
憎しみの表現は憎しみの感情から発せられるもので
感情こそは人間の発する真実の声である。
その感情が発せられる根本原因を解消しなければ、
こうした行為が終わる事はない。
韓国は国が一丸となって日本に対してヘイトスピーチをし、
世界にそれを広めようとしている。
こんな中で、日本人の朝鮮人に対する
ヘイトスピーチだけを取り上げて規制しようとすることは、
著しく均衡を欠くものだと言わなければならない。
今の時代は情報こそは武器である。
何も兵器を使わなくても一国を政治的に動かす事は可能だ。
日本は民主党の誕生で大いに国益を毀損されてきたではないか。
それは日本が情報戦においていかに無力かを証明したと言う事だ。
そうした過去の経験を生かすことなくして、今後の日本の存立はない。
ヘイトスピーチ規制を声高に叫ぶ事が、
どんな勢力に加担しているものであるかを考えよう。
ヘイトスピーチなる曖昧な表現で多くの真実の声を封じていけば、
日本人の真の声は多くの日本人に届かなくなる。
日本と言う国は、マスコミそのものが親中韓なのだから、
市井の声が封じられればマスコミに都合のよい言葉しか表に出なくなる。
これこそ、マスコミが涎を流して喜ぶ状況ではないか。
ヘイト規制なる言論弾圧、憲法の思想表現の自由に抵触する事態に対して、
マスコミから何の反論も聞かれないのはどうしたことだ。
これが左翼デモのヘイトスピーチ規制であったなら、
彼らが連日連夜火病ること請け合いなのだ。
情報後進国の日本の状況は、
こうしたダブルスタンダードのマスコミによって作られた姿だ。
そもそもマスコミが正常に機能していたなら、
ヘイトスピーチなる言葉自体が生まれていなかった筈じゃないか。
[ 2016/01/16 12:25 ] おもしろ系 コメント(0)
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

お問い合わせ
RSSや相互リンク、ランキング登録などのお問い合わせは下記のメールアドレスへどうぞ。ご連絡がなくてもアクセスが確認出来ましたら相互リンク・相互RSS致します。

srado2222@yahoo.co.jp

FC2カウンター


友達の数:
検索フォーム
月別アーカイブ
ランキングチェック

アクセスランキング、相互リンク、RSS大募集中!!何も言わずアクセス送って頂ける場合は、気付き次第、こちらも相互リンク・相互RSSいたします!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

優しい方はポチっとしてください。
FC2チャット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。