おkブログ

細々とコピペブログやってます。相互RSS・相互リンクさん募集中。
コメント一覧
RSS(相互RSS募集中)


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

歯医者で女児が2メートル吹っ飛んだ、実話 

5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/04/25(水)

1982年:東京都八王子市の歯科診療所でフッ素塗布液のNaF(フッ化ナトリウム)と
HF(フッ化水素 酸)を間違えて塗布し、診察台から2mもハネ飛んで幼児急死(4.20)

これ、塗布された瞬間に女児が大騒ぎして暴れだしたので
治療していた歯科医が付き添いでそばにいた
母親と助士に女児を押さえている様に言って、母親が押さえつけているところに更に塗布して
筋肉の痙攣で大の大人二人を跳ね除けた上で2メートル吹っ飛んだと言う。。。
歯の神経の痛感ってのは、人体が感じる様々な痛み、
つまり痛覚としては、2番目に強力なものなんだよ。
まあ、麻酔がなかったら普通は耐えられない。だから拷問なんかにも使う。
歯にフッ酸塗るとどういう痛みを感じるかっつーと、
塗られた歯が全部、末期の虫歯の痛みを同時に引き起こし、

さらにフッ酸が浸透を続ける顎や頭蓋骨の中を通ってる痛感神経も、
最大強度の痛感を発信するようになる。
まあ、ここまで強力な痛覚になると、もう脳というか神経系全体が耐えられんわな。
そんで自律系の神経が機能不全を起こし、その端末である各種臓器も不全、
いわゆるショック死へ、という流れ。

やっちまった医師が、通夜の席で土下座して詫びて、
そのまま脳溢血起こすのも、まあ無理はない。
仮にも医者なら、想像しただけでも気絶したくなるほどむごい状況を、
年端もいかない女児を押さえつけて
引き起こしたって事が、まるわかりだからな。
自分にゃ嘘はつけないし誤魔化しもきかんよ
事務費削減でド素人の嫁に発注させてたんだから同情はしない
[ 2013/02/13 21:28 ] [ 編集 ]
うわぁぁ・・!!!
[ 2013/02/14 18:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
ブログパーツ

お問い合わせ
RSSや相互リンク、ランキング登録などのお問い合わせは下記のメールアドレスへどうぞ。ご連絡がなくてもアクセスが確認出来ましたら相互リンク・相互RSS致します。

srado2222@yahoo.co.jp

FC2カウンター


友達の数:
検索フォーム
月別アーカイブ
ランキングチェック

アクセスランキング、相互リンク、RSS大募集中!!何も言わずアクセス送って頂ける場合は、気付き次第、こちらも相互リンク・相互RSSいたします!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

優しい方はポチっとしてください。
FC2チャット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。